トップページへ

        

     

<テンヤ釣りとは?>

昨今、新しい船釣ジャンル「ひとつテンヤ」と称して、話題になりつつ
ありますが、
実際には古来から存在する、伝統釣法の一つです

房総や東京湾では 昔から鯛釣りの技法として愛されてきました
元々は、江戸前の二丁手跳ねから進歩したものですが・・・

他の船釣りと違い・・・・・
自分で誘い・当たりを取って・合わせて
魚をかける、実に楽しい奥深い釣法
で、俗に言う嵌る釣りです

当寿広丸では 20数年前から、テンヤ釣り名人として知られた
今は亡き中鯛丸の船長と共にやっておりましたが、南伊豆は
ほとんどが岩礁地帯! 鯛テンヤを楽しめる海岸線が少なく
徐々に形を替えて現在の根魚テンヤとなりました





誰にでも手軽に出来て お土産を手にすることが出来る
楽しい釣りです あなたも経験して見てはいかがですか

また
根魚釣りがお好きな方にとっては 俗に言う嵌まる釣りです
普段は深場専門の釣り師の皆さんが 時化でキンメがダメなら
テンヤをと言うくらい嵌まり捲くっているのにも頷けます

道具立てが安価! 浅場の凪ぎのポイントで竿を出せる大きな
利点があります 女性の方にも打って付けの釣りです

獲物は高級魚がズラリ・・・
ハタ類・カサゴ・ソイ・ヒラメ・マダイ・イナダ・
青物とエトセトラ!
 主に・・・ハタ類・カサゴが対象となりますが
シーズンによっては ブリ・ヒラマサ・カンパチ等に慌てさせられます


トップページへ